TOP > 極低温-250℃耐久センサ PU-05-606
極低温-250℃耐久センサ PU-05-606
特長・特注仕様

■ -250℃耐久設計液体水素用極低温センサ
■ 熱電対内蔵でセンサ温度状態を把握

仕様
使用環境センサシール面まで 液体窒素雰囲気
センサシール面以後 大気中
測定対象物SCM440
測定範囲0~1.8mm(α0=0.05mm)
出力電圧-5~+4V(at 23℃)
出力直線性 常温レンジ
(23℃において校正)
0.0~0.2mm:±3.0% / FS
0.2~1.6mm:±1.0% / FS
1.6~1.8mm:±3.0% / FS
低温レンジ
(-196℃において校正)
0.0~0.2mm:±3.0% / FS
0.2~1.6mm:±1.0% / FS
1.6~1.8mm:±3.0% / FS
分解能 0.8μm at 1mm
周波数特性DC~30kHz(at 23℃)
出力直線性試験23℃、-196℃(液体窒素中)
使用温度範囲-196℃~+55℃ ※センサシール面まで
0℃~+55℃ ※センサシール面以後
電源AC85~264V 47~440Hz 10VA
構成
センサ PU-05-606
センサケーブル PC-302-011
変換器 AEC-55MS-M-52
外観図

センサ PU-05-606-XYZ

AEC-73 外観

変換器外観 AEC-55MS-M-52

AEC-73 外観

センサケーブル PC-302-011

AEC-73 外観