TOP > AEC-75Sシリーズ > 75S-2AT 加速度振動監視
75S-2AT
特長・特注仕様

■ 加速度センサを使用した振動監視システムです。
■ 警報出力は2点(HH・HI)独立設定です
■ 加速度センサとモニタ間は、センサケーブルで数百メートルの延長が可能

仕様規格

メーター表示範囲0〜250µmp-p(ご指定により表示範囲決定)
周波数特性お客様の仕様により決定
アラーム・トリップ設定値メーターフルスケールの5〜100%内任意点。それぞれ各1点づつ。
アラーム・トリップ動作遅延時間以下からご選択
0.1,0.5,1〜10,15,30,45,60sec
アラーム・トリップ動作表示アラーム(黄)トリップ(赤)のLED表示
アラーム・トリップリレー仕様各1C接点
接点定格
AC125V 0.5A, DC110V 0.3A load resistance
使用温度範囲0~+40℃
VIB電圧出力10VP-P 1kΩ(操作パネルBNC端子)
VIB電流出力4~20mA(裏面OUT端子)
電源AC85~264V 47〜440Hz

外観図
75S-2AT 外観図
構成
■加速度振動モニタ:AEC-75S-2AT 1台
■アンプ内蔵型加速度センサ:AEC-122R 1個
■センサケーブル: CX-010-AT(10m) 1本
75S-2AT 構成

※ケーブル長、フィルター特性等はオプション対応可能。