TOP > 地震計 > 地震計
contents
特長・特注仕様

■ 本システムは、3方向の地震センサで地震波を常時観測し
予め設定した加速値より大きな地震が発生すると
地震データ及び、加速度を記録します。

仕様規格
3方向加速度センサGPS時計LS-10K
測定範囲 ±2000cm/s2 GPS 常時受信時 50ms
出力感度 4V/1000cm/sS GPS 間欠受信時 最後の受信から1ppm
分解能 0.05cm/sS GPSアンテナGVC-01
測定周波数範囲 0.01Hz~30Hz 耐振動 3.0G
耐振動 20G 耐衝撃 10.0G
耐衝撃 100G 使用温度範囲 -30℃~80℃
使用温度範囲 -25℃~+70℃ 使用湿度範囲 20~95%
- - 防水 JISD0203
仕様規格
3方向サーボ型加速度センサ 処理部 EQ-502A ソフトウェア機能
(Windows2000ベース)
ノートパソコン CPU Pentium3 500MHz以上 データ転送機能
OS Windows2000 SP1 観測地点情報設定
HDD容量 2Gバイト以上 0点補正機能
A/D変換カード PCカード (PCMCIAスロットル使用)
波形表示機能
無停電電源 MUE-1011-R3 *1 複数通信 最大16ch接続
GPS時計セット LS-10K *1 一覧表表示
モデム 公衆回線用 *1 フーリエ解析
ソフトウェア ADCS-02C(現地) 印刷機能
ADCS-02H(ホスト) テキスト変換機能
- - 震度表示機能
- - データーコピー機能