注目商品

動作原理

技術資料
GAP-SENSOR は一般的に「渦電流式変位センサ」と呼ばれるものです。センサヘッド内部のコイルに高周波電流を流し高周波磁界を発生させています。この磁界内に測定対象物(導電体)が近づいた時、測定対象物表面に渦電流が発生しセンサコイルのインピーダンスが変化します。この現象による発振強度の変化を利用してこれを高周波検波し、変位対電圧の関係を得ています。

測定対象材質・寸法・形状について

材質による出力特性

ギャップセンサーは測定対象物が金属であれば動作しますが、材質により感度や測定範囲は異なりますのでご注意下さい。

測定対象物の寸法

測定対象物の大きさはセンサコイル径の3倍を有する事を推奨致します。
測定対象物の面がそれ以下の場合は感度が低下します。また測定対象物が粉末・積層断面・線束のような場合にも感度低下し、測定不可の場合もあります。

測定対象物の厚み(PU-05基準)

測定対象物の厚みは、鉄(SCM440)で0.2mm 以上、アルミ(A5052P)で0.4mm 以上、銅(C1100P)で0.3mm 以上を推奨致します。

測定対象物の形状

測定対象物が円柱(シャフト)の場合、センサコイル径に比し、円柱の直径が3.5 倍以上あれば影響ありませんが、1:1の場合は約70%に低下します。

RUN-OUT 現象について

軸振動測定の場合、RUN-OUT 現象と呼ばれる真値以外の出力が表れることがあります。対象面の傷、凹凸、楕円、偏心等から発生するMECHANICAL RUN-OUT は対象面の修正研摩により防止できます。
磁性体、特に鋼製の軸振動を測定する際のELECTRICAL RUN-OUT は、その発生原因が単一でなく、主原因は鋼材の残留磁気、結晶構造の不均一、軸表面の焼入硬度のバラツキ等が考えられています。測定目的によっては対策が必要な場合があり、

  • 測定軸に対する加工後の脱磁
  • 測定軸に対し、測定円周囲の銅鍍金、及び研摩
  • 測定軸に対する圧縮応力を低減する
  • 測定対象物を銅等の材質へ変更する

センサの設置状況について

センサの周囲環境について

センサの受感面の周囲に測定対象物以外の金属が近接している場合、またはセンサを金属部位へ埋め込む場合は下図の様に金属部を受感面から十分離すようにして下さい。
注)弊社PFシリーズについてはこの限りではありませんのでお問い合わせ下さい。
また、センサ取りつけ状況でスペースの問題、温度、圧力等の特殊な状況で使用する時、特注センサにて対応可能な場合もございますのでお問い合わせ下さい。

センサの相互干渉について

技術資料
多チャンネルにて同時計測の場合、同一型のセンサを近接して取りつけますと互いに干渉して測定結果に誤差を生じることがあります。干渉しない距離(通常センサ径の6倍)まで離して設置する。又はタイプの異なる組合せでご使用頂くか、干渉防止タイプの変換器をご利用頂くことをご推奨致しますので、お問い合わせ下さい。

不感帯(α0)について

GAP-SENSOR(一部機種を除く)には不感帯(α0)が発生致します。 不感帯とは、センサと測定対象物の間でセンサの出力特性が、直線的に伸びない分の距離を表しております。弊社のカタログに記載されている測定距離はα0を加算した状態で0mmとしています。