TOP > ガスケット部変位計測2
Application examples
ガスケット部変位計測2

ガスケット部変位計測2

測定目的 シリンダーブロックにセンサを取り付け、センサ部のガスケットに穴をあける事により、シリンダーブロックとシリンダーヘッドとの隙間変位を測定します。
仕様 使用温度 180℃MAX
測定範囲 0~0.2mm
※本仕様は参考仕様になりますので、
使用内容をご相談ください。 お客様の仕様に合わせたセンサを製作いたします。
備考 ご使用になりますピストンの大きさにより
センサの寸法を選定致しますので、ご相談ください
使用機器 PU-05-122-XYZ型