TOP > タービン及びコンプレッサの回転数計測
Application examples
タービン及びコンプレッサの回転数計測

タービン及びコンプレッサの回転数計測

測定目的 ターボタービン又はコンプレッサの羽に対しセンサを取り付け、回転数を測定します。また、軸に対し取り付けますと、軸の振動を測定する事も出来ます。
仕様 使用温度 200℃MAX
測定範囲 5Hz~55KHz
※本仕様は参考仕様になりますので、使用内容をご相談ください。
お客様の仕様に合わせたセンサを製作いたします。
備考 ターボの大きさ・取り付け距離によりセンサを選定いたします。
また、使用温度・周波数特性が上記仕様より高い場合、
対策品もございますのでご相談ください
使用機器 PU-05-016-XYZ
車両搭載用ターボセンサーAEC-TBR#06