1. TOP
  2. 企業情報
  3. 沿革

沿革

沿革

1963年 2月 音響・振動測定器、並びに省力機器の開発・製造を目的に、資本金530万円で㈱電子応用機器を東京大田区で創業。
1970年 7月 上記製品の販売会社、㈱電子応用を資本金200万円で東京都中野区に設立。
1972年 9月 非接触変位計の商標、ギャップセンサ(GAP-SENSER)登録。
1977年 10月 ㈱電子応用大阪営業所を、大阪市都島区に新設する。
1984年 6月 近接スイッチの受感部装置の特許取得
1984年 10月 ㈱電子応用機器新工場を川崎市多摩区に建設する。
1985年 11月 ㈱電子応用機器の資本金を2120万円に増資する。
1992年 7月 ㈱電子応用川崎営業所を川崎市多摩区に新設する。
1993年 6月 歯車の回転角度検出装置の実用新案取得。
1993年 6月 労働省(現:厚生労働省)産業安全協会より、製品の本質安全防爆の認定を受ける
1993年 12月 日本海事協会の製品認定を受ける
1995年 4月 韓国国内の販売代理店を、韓国VANO社と結ぶ。
1995年 7月 ㈱電子応用の資本金を1,000万円に増資する。
1998年 11月 ㈱電子応用本社社屋を川崎市多摩区に建設する。
1999年 4月 業務効率化のため㈱電子応用機器と㈱電子応用を合併し、社名は㈱電子応用とし、資本金は3,120万円となる
2002年 11月 米国総代理店として、AECアメリカを米国IRI社と共同で設立する。
2005年 7月 ㈱電子応用大阪営業所を、㈱電子応用関西営業所として神戸市中央区に移設する。
2005年 8月 ターボ回転測定センサの量産を開始する
2007年 2月 ISO 9001取得。
2011年 8月 NK船級規格認定。
2011年 10月 ロイド船級規格認定。
2012年 7月 ABS船級規格認定。
2015年 1月 DNV GL 船級規格認定。
2017年 2月 BV 船級規格認定。
2020年 6月 CCS船級規格認定

お問い合わせ・カタログダウンロードは
こちらから

センサ1本から対応。測定箇所へのセンサ埋め込み、
測定材質でのセンサ校正、デモ用センサ無料貸し出し等も
行っています。
特注品・カスタマイズのご相談も
こちらからお問い合わせください。

ご質問・ご相談などお気軽に

カタログダウンロードはこちら